只今準備中です

ハナコトバ ハナセレのコラム

「お葬儀後の仏具や白木位牌の処分は?」

お葬儀が一段落してホッと一息つけた時に、ふとこんな疑問が・・・

自宅に飾られている後飾り(仏具)や白木位牌は、いつ、どのように処分すればいいの?

今回はお葬儀後の仏具や白木位牌の処分方法について解説していきます。

「後飾り」とは?

後飾り(あとかざり)とは、ご遺骨を安置するための祭壇と仏具です。ご遺骨台や中陰壇(ちゅういんだん)とも言います。最近ではご家族だけで執り行うお葬儀が多いため、お葬儀後にご自宅への弔問客が多くなってきております。そのお客様にお参りをしていただくために必要なものです。

後飾り祭壇には、ご遺骨、お位牌、花立て・ロウソク立て・角香炉・リンセット等が飾られているのが一般的です。祭壇には毎日お線香をたき、故人のご回向をします。火気の取り扱いに注意していただき、お線香を手向けられたあとには必ず火は消すように心がけましょう。

忌明けである四十九日にはご納骨となりますので、後飾り祭壇は必要がなくなります。ご納骨を済まされたら祭壇は処分をすることが一般的ですが、ご遺骨をお墓に納骨しないという選択も広がりつつあります。故人のご遺志や、「故人とずっと一緒にいたい、遺骨と離れたくない」という遺族の気持ちから生まれた新しい選択肢です。その場合は後飾り祭壇に大切にご安置していてもよろしいかと思います。法律において、分骨も遺骨をお墓に納めないのも何ら問題はありません。

ご納骨しないという選択でもいろいろな供養方法もありますのでハナセレにお問い合わせください。

「白木位牌」とは?

創価学会のお葬式でも白木位牌を用意します。ただし、戒名がないため、故人の生前の名前である俗名を書きます。一般的には、中央に俗名、右側に亡くなった日付、左側に死亡した時の満年齢が記されます。

一般宗派のほとんどは、四十九日に忌明けになると、本位牌(塗位牌)と呼ばれる塗りの位牌を作り、そこに戒名が書かれます。忌明けからは本位牌を安置するため、多くの場合、白木位牌は四十九日に寺院や仏具店を介してお焚き上げをしてもらうでしょう。

一方、創価学会のお葬式では葬儀の際に白木位牌を用意していても、創価学会では戒名がないため、本位牌を作る必要はありません。なおかつ、創価学会の見解としては、「位牌はもともと中国の儒教の風習を仏教が取り入れたものであり、故人の名札としての役割を持っているだけで、拝んだりする必要はない」とされています。

故人の成仏とも関係ないと考えられているため、本位牌を作る必要もないのです。白木位牌に関しては、他の宗派同様、葬儀が終われば処分して問題ありません。

しかしながら、日本においては古くから位牌は故人の魂が込められたものとして扱われてきました。先祖供養が盛んだった日本において、先祖を供養する対象として位牌は大切にされてきた歴史があります。そのため、位牌がないとどこに手を合わせて良いのかわからない、という方も少なくありません。

そうした背景から、本位牌を作る必要はないけれど、中には自宅で手を合わせるときに対象となるものが欲しいという理由で位牌を作る方もいます。創価学会では位牌を作る必要はない、と言われていますが、作ってはいけないわけではありません。故人を供養する上で必要だと感じるのであれば、位牌を作っても問題ないでしょう。ハナセレではご要望があれば本位牌もお作りするサービスもございます。

後飾りの処分方法

後飾りは、自治体のルールに合わせてご自身で処分をしましょう。ロウソク立てなど陶器製の仏具も、一般ゴミとして処分しても問題ありません。処分が難しいと感じる場合は、葬儀を依頼した葬儀社に連絡して引き取りをお願いしましょう。中には後飾りを貸し出しにしている葬儀社もありますので、その場合は返却の依頼をしましょう。

ハナセレでお葬儀を施行されたお客様には事前に処分方法をご説明し、弊社スタッフが受け取りに行くサービスも行っておりますのでご相談ください。